あおと

築山ゼミを志望した動機や決め手は…

築山ゼミの持つ「個人研究である」という点、また「計量分析をメインに研究する」という点が自分自身の興味関心を実現することができる、最適かつ唯一の特徴だったからです。実際、ゼミ生の論文は非常に多様なジャンルを多様な側面から捉えており、説得力・提言力の高い研究が可能であると感じています。


2年生のとき,築山ゼミに魅力を感じたところは…

三田祭論文のクオリティの高さは言うまでもなく、三田祭展示・HP・入ゼミ活動(オープンゼミ)・ゼミの活発さなどからも、皆が真剣に学ぼうとしている姿勢が窺えて、それがすごく好印象でした。


関心があり,研究したいテーマは…

時事的な事柄よりは、歴史的な事象に関心があります。現在は、植民地の独立・非独立要因について研究したいと考えています。


築山ゼミに入って良かったことは

統計の手法を学ぶだけなら他の講義を受けることでも代替できますが、実際に計量分析を行い、論文として形あるものにするのは築山ゼミだからこそできることだと思います。