みらい

築山ゼミを志望した動機や決め手は…

政治学科で計量分析をやりたいなら、築山ゼミしかない!と感じたことが、一番の決め手です。せっかく三田論や卒業論文を書いて研究するのなら、理論的で実証的な分析をしてみたい、と考えました。データを扱うスキルを身につけることで、将来の道が広がることも期待しています。


2年生のとき,築山ゼミに魅力を感じたところは…

やはりデータを用いた研究ができるところです!ゼミ説明会やオープンゼミで、様々なゼミの話を聞いていく中で、築山ゼミの異色さに惹かれました。統計を用いた実証分析、そして身につけることのできる問題解決能力、すべてが魅力的に見えました!また、ゼミ生の先輩方が醸し出す雰囲気にも心惹かれていたと思います。


関心があり,研究したいテーマは…

入ゼミ前から日本政治や投票行動、地方分権に興味があったので、この辺りのトピックを深堀りしてみたいな、と考えています!ですが、ゼミや他の授業の影響を受けて、観光業や企業行動などにも興味がわいてきたので、沢山知識を深めたいと思っています。


築山ゼミに入って良かったことは

入ゼミして早速統計ソフトの使い方を学び、課題をこなしていくので、毎週のように新たな学びが得られることです。先生が親身になって説明したり、アドバイスしてくださるので、仲間とともに頑張ろうという気持ちにもなります!データ関連のスキル以外にも、論理的・批判的な思考力などを身につけることができる環境が整っていると感じます。